Skip to content

借金は1人で抱え込んでも解決は難しい

私が就職をして数ヶ月後、高校の同級生から電話がありました。彼女は上京し、バイトをしながら暮らしていると聞いていました。
久しぶりだったので懐かしさと共に会話が弾み、それからちょくちょく連絡を取り合うようになっていきました。

最初は他愛もない会話だけでしたが、ある日、夜中に彼女から泣きながら電話があったのです。
「1万円だけ貸して欲しい」

借金相談は弁護士がいい?

話を聞くと、「パチンコを覚え、気づくとお金が残ってない」。「友達に貸してもらったが、返せないままでいたら縁を切ると言われ、着信拒否になってしまった」とのこと。

私は親に助けてもらうことを提案しましたが、「上京する時に大げんかをして来たから、それ以来連絡していない」と断られました。私もすぐには返事をせず、お金を貸さないで解決する方法を考えましたが、それから数日後に実は消費者金融にも200万円の借金もあることがわかりました。

私は数日間、考えこんでしまいました。なんでこんなことになっているのだろう?学生の頃の彼女はどうだっただろう?もし私が彼女の立場だったら?

私は彼女に連絡をして、口座番号を聞きました。彼女は「ごめんね」と「ありがとう」を繰り返していました。
しかし、私は2つの条件をつけました。この条件を約束するならお金を振り込むと。

まず1つ目に、「親に全部話すこと」。
プライドでお金は返せない。土下座をしてでも親に泣きついて状況をわかってもらうべきだと。

そして2つ目。「借りたお金は全部返すこと」。
私は2万円振り込みました。そしてそれは貸したのではなく、彼女にあげることにしました。
1万は彼女に言われた額。そしてもう1万円は縁を切るといった友達に渡し、お金を返してから縁を切るように言いました。借金を返したとしても以前のような信頼関係を築くのは難しいし、かと言って返さないのも心残りになるからです。

それから数ヶ月が経ち、彼女から連絡が来ました。
彼女は約束通り母親に全てを話したそうです。母親は泣きながら何度も叩いてきたそうですが、最終的にやっぱり親ですね、彼女のことを許してくれたそうです。
それからは弁護士を通して自己破産の手続きをし、残りの借金を親が支払いすることで完済できたそうです。

そして、縁を切るといった友達は「会いたくない」とのことなので、第三者を通じてお金を返せたとのこと。

それ以降、転職してお金の使い方を学び、家族とも仲良くやってるそうです。